スポンサーリンク

台本を用意しよう

ID 10053726


企画書を作成して、企画会議を行います。

一人の場合は、周りの人に見せて、好評価をもらうか、理解してもらえないかくらいの反応があればいいと思います。

Go!サインが出たら、台本を作ります。

台本は、前枠から始まって、コーナーをいくつか行い、後枠までの流れを書いていきます。

基準となるのはタイムですので、何分何秒にどんな音が流れていて、どんな話をしているかを大まかに書いていきます。

完全原稿(一字一句全て書く)で行う方法もありますが、読んでいるようになってしまうので、ある程度話題を決めて、進行を決める程度にとどめておくといいと思います。

ラジオパーソナリティとして、読みにくい原稿はきちんとチェックして、下読みもしましょう。
下読みなしだと、結構言い間違えたりします。

曲が入る場合は、曲名をいれて、それが何分何秒までなのかを書いていきます。

この台本はキューシートで代用する場合もあります。

podcustに絞って考えた場合、Windowsで専用ソフトもあります。

このソフトは、台本に当たるキューシートを作成し、それに従って録音し編集、podcustとして公開するところまで行えます。