スポンサーリンク

テーマミュージックとタイトルコール

ID 10022439

番組を作るに当たって、必要なものとして、タイトルコールがあります。

番組のタイトルが決まったら、番組のはじめに決まって掛かる音のことです。

大きく分けて2つのパターンをラジオで聞いたことがあると思います。

1.タイトルコールがあってその後に、テーマミュージックがかかる。

2.テーマミュージックがかかっていて、途中でタイトルコールがある。

この形です。

1は、タイトルをいってから、すぐに曲がかかります。

DJ-Japan!チャラッチャ、チャチャチャ〜チャチャチャ〜

みたいな感じです。

2は、曲がかかっている間に、曲の音量を避けてタイトルコールをして、音量を戻します。

チャラッチャ、チャDJ-Japan!チャチャチャ〜

         チャチャ〜

みたいな感じです。

音量は、タイトルだけでも、音楽だけでも、タイトル+音楽でも一定にするように編集ソフトで調整します。

スタジオで録音する場合は、音源ごとにフェーダーというレバー(あるいはツマミ)で音量を調整できるので、合成された音量が聞いていて一定であればOKです。

実際には、言葉(母音や子音)によって強い弱いがあるので、大体同じで聞いていて聞き取れていればいいです。

タイトルを叫ぶラジオパーソナリティもいるし、静かなコールをされるラジオパーソナリティもいます。

編集が終わったら、ファイルにしておきます。

毎回作成したファイルを使うことで、リスナーは曲がかかりはじめると、『お、始まるぞ』って思いますから、タイトルは毎回アドリブでやるよりも、同じにした方がいいです。

タイトルコールの曲を長めにとって、ラジオパーソナリティのオープニングトークをしてしまうという方法もあります。そうすると必然的に前枠は長さが決まって、時間枠的にはパターンができますので良いと思います。